FC2ブログ

2021-02

まだまだ、やりますね

 山内(秀)先生もかかわったプロジェクト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

有料なのが残念

 生存研の教員の中で、私と院生時代がかぶっているのは、もはや梅澤先生しかいない・・・。ということに、いつだったか気がつきました
 CNFの矢野浩之先生はちょうどすれ違い。


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

花粉の飛散が始まっています

宇治でも昨日あたりからスギ花粉の飛散が始まりました。

環境省のはなこさんに出ている府立医大のデータでは朝から3桁になってます。

つくばではすでに4桁になっていますので、つくばに比べれば、たいしたことはないですが、秋田の能代に比べたら、地獄ですね。

隣町に住むI村U元木材学会長の「じじいになったら、反応せんようになって、花粉症は治るぞ」という言葉を信じて、毎年期待しているのですが、残念ながら今年もダメでした。

s-花粉スギ

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

すぐに分かる間違い

面白い間違いをする人がいるもんだと感激しました。

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

この話も同じですね

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

CLTの黎明期

この話は、このブログのどこかに載せてあったと思いますけど・・。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

公開成果発表会

森林総研から、こんな案内が来ました。
誰でも参加可能です。

詳しくは

http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2021/20210226sympo-shuuseizai/index.html

32657.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

正誤表

なんでこんなところに気がつかなかったんだろう・・といつも思います。

それにしても先輩の名前の漢字を間違えたのは・・、マズイ。


テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

秋田藩でもこんな木造船が

実に感慨深いですね。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

竹のパーティクルボードはなぜ

もう忘れてしまいましたけど、

日本全国にこれだけ沢山の放置竹林があるんだから、せめてパーティクルボードの原料にすればいいのに・・

と誰でも思うんですが、だれも製品化していませんね

その理由は、
1. 竹の表面の撥水性が接着阻害を起こす
2.原料集めで、空気を一緒に運ぶので、量がまとまらない
3.竹の耐久性・・
4.色がすぐに悪くなる
5.内側の薄皮が邪魔

こんなところだったですかねぇ・・。

他に何かありましたっけ・・


竹のパーティクルボード

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

低投資型CLT製造システム

 報告書を書いていて思い出しました。

 もはや、昔話になってしまいましたが、既存の集成材のラインを利用して、低投資型CLT製造システムを作るなんてことをやってましたね。

 写真は山本ビニターの高周波ラミネーターです。


s-IMG_1194.jpg

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

来週の研修会は

 来週、某県で研修会というか、講演するんですけど、こんなコロナの状況じゃ、リモートになるか、中止になるか、ちょっと心配ですなぁ。

この折れた貫を見ていると、何だか心配になってきました。


s-2021-01-04 14.18.23

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

謹賀新年

20212.jpg

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

降ってますね

 例によってライブカメラであちこち見ていますが
 県内どこもかしこも降ってますね。
 除雪しても、追っつかない感じかなぁ・・・。

 
秋田の雪道

s-IMG_0486.jpg


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

樹皮のはなし

 京都大学生存圏研究所が出している生存圏研究の最新号第16号に杉山淳司さんの総説が載っています。

 樹皮の話とありますが7割くらいは桜の樹皮の話です。

 秋田の方は、樺細工の話も出てきますので、一読されることをおすすめします。


s-IMG_1808.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

面内と面外

今、書いている本に載せる予定の写真です。

なんとか年内に仕上げないと・・・。

面内曲げと面外曲げの違い

まあ、別に説明しなくてもすぐに分かりますよね。


こちらが面内曲げ
s-IMG_2715.jpg

こちらが面外曲げ
s-P9100019.jpg



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

雪がきましたねぇ

 京都に住んでいるので、もはや見る必要が無いんですが、癖になっていて、能代河川国道事務所のHP、というかライブカメラを見てしまうんですね。

http://www.thr.mlit.go.jp/noshiro/douro/f_romen.htm

昨シーズンは、超暖冬だったですが、今回は早くも大雪ですね。

それで無くても、コロナ禍のおかげで、飛行機が減便になっているのに・・・。

去年までだったら、あたふたしているところでした。

CLT床版橋第4号もこんな感じになっているでしょう。

早く報告書書かないと・・・・

s-IMG_5283.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

良い写真を撮ってないなぁ

 本を出すときにいつも困るのは、良い写真がないなぁ・・ということです。

 今度の本には、これを載せようかなと思ってますが、木造だか何だかわからない・・・

 やっぱり板垣先生のように、一眼レフを持ち歩かないとイカンですね。


s-IMG_3406.jpg

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

県立大学から送られてきました

 秋田県立大学の総務・施設チームから、こんな秋田ならではの称号授与額が宇治の自宅に送られてきました。どうもありがとうございました。

 私に気を遣っていただいたわけではないのですが、秋田杉の柾目板は集成加工されています。それに縁取りは樺細工です。

 本来なら、6月ごろに名誉教授称号授与式が開催されていたはずですが、コロナ禍のおかげで見送りとなりました。

 残念。 

s-IMG_1725.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

拍手拍手



今日は木質構造研究会の技術発表会2日目です。

木高研の足立幸司准教授と森林総研の加藤英雄氏の大熊幹章賞受賞講演があります。

拍手拍手。😃😃

林 知行さんの投稿 2020年12月3日木曜日

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

«  | ホーム |  »

プロフィール

林知行 

Author:林知行 
 秋田県立大学 名誉教授
 国立研究開発法人森林研究・整備機構 フェロー
 京都大学生存圏研究所 生活圏木質構造科学分野 特任教授

 京都大学木材研究所(現・生存圏研究所)で大学院修士・博士課程(林産工学専攻)を修了

 ☆新刊 2020年6月にフォレスト・プロダクツが、共立出版社から刊行されました。

 ☆新刊 定年退職記念出版である目からウロコの木のはなしが、2020年3月25日に技報堂出版社から刊行されました。

「新・今さら人には聞けない木のはなし」が、2018年7月末日に刊行されました。ご注文は直接日刊木材新聞社のホームページからお願いします。簡単に購入できます。
 
 秋田県立大学木材高度加工研究所に異動しました(2013/08/01)。

 プロでも意外に知らない<木の知識>が学芸出版社から刊行されました。上のアンダーラインをクリックしてもらえれば、学芸出版社のホームページにつながります。目次や著者紹介等はそこから参照できます。直販ページやAmazon等へのリンクもそこにあります(2012年9月15日)。

 依頼や問い合わせに関しては、各ページのコメント欄に書き込んでください。私だけに通じます。記事には全く反映されません。(2013/04/01)

 新しいブログをつくるのではなくて、前著のブログの名前を改称して、新たに内容を付け加えることにしました。(2012/09/01)

 以下は前著「今さら人には聞けない木のはなし」の紹介文です。

 日刊木材新聞紙上の連載で話題を呼んだ「今さら人には聞けない木のはなし」が、一冊の単行本として発売されました。ご注文は直接日刊木材新聞社のホームページからお願いします。簡単に購入できます。定価1575円(税込み)です。
 
 「今さら・・」の目次はここへ

 著書のあとがきに書いてありますように、記事にならないまま私のコンピュータの中に眠っている書きかけの記事やメモなどを、一部分だけですが、「ブログ編」として公表することにしました。
 そんなわけで、本人しか意味が分からないところが多くなるかも知れません。

 2012/01/01追記
 販促という本ブログの当初の目的は達成されましたが、リピーターの方もおられますので、これからもネットに出にくい関連雑情報を掲載します。

 「今さら・・」の販売は一般書店のルートにはのりませんので、ご注文は直接日刊木材新聞社からお願いします。Amazon等でも取り扱っていません。
 なお、もしリンクがつながらない場合は「日刊木材新聞社」で検索をお願いします。刊行物のページに注文方法等が掲載されています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
本 (122)
ウソ常識 (74)
樹 (13)
中層木造 (11)
接合 (12)
木材工業 (8)
木材工業の歴史 (12)
木材 (17)
木質材料 (67)
木質構造 (53)
つぶやき (315)
異方性 (2)
絵 (1)
学会 (41)
地震 (16)
お知らせ (190)
報告 (31)
お礼 (18)
実験 (38)
催し物 (116)
用語 (1)
おわび (11)
木の間違い・勘違い (14)
目次 (1)
講義 (25)
全日本二酸化炭素教 (7)
弔報 (3)
森林 (13)
執筆 (35)
構造信頼性 (7)
腐朽 (12)
接着 (1)
講演 (36)
間伐小径材 (4)
秋田木材報告 (122)
高層木造 (3)
古建築 (24)
難燃 (18)
秋田ネタ (161)
10年前シリーズ (5)
木質内装化 (5)
中大規模木造 (4)
CLT (292)
クリープ (4)
ニュース (46)
松風祭 (10)
楽器 (6)
執筆原稿 (8)
おバカな施工 (2)
スギラミナ・活用研究会 (7)
新製品 (3)
記念日 (2)
放送 (8)
木橋 (34)
公募 (3)
謹賀新年 (1)
細胞 (2)
サクラ (1)
マツ (7)
トラブル (6)
木炭 (1)
能代 (34)
七不思議 (4)
大潟村 (1)
会議・委員会 (4)
森林総研 (4)
掲載記事 (2)
震災復興 (6)
木杭 (7)
木船 (9)
桶樽 (1)
確率・統計 (1)
耐火炉 (25)
LVL (4)
某建築士シリーズ (6)
家具 (3)
宇治 (12)
広葉樹 (1)
勉強会 (1)
お片付け (1)
文化財 (1)
推進機構 (1)
生存圏研研究所 (2)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR