2017-01

1月18日付の北羽新報の記事

 13日に北羽新報さんが取材に来られたことはすでにお伝えしましたが、その記事が1月18日号に掲載されました。
 当たり前ですが、記事を載せるわけにはいきませんので、こんな感じだったことだけお伝えします。
 本物は図書館にでも行ってご覧ください。


北羽290119-v400

テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

秋田スギ製長大CLTの曲げ試験 終了しました

 一連の試験(12体)はすべて終了しました。

G_2813-w480.jpg

 破壊部分を取り除きました。
 後は搬出ですが、搬入に比べてはるかに簡単なはずです。
 下の写真は現在の状態。


G_2848-w480.jpg

テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

長大CLT用新兵器登場

 実験室を見慣れない方には、何だか分からないかもしれませんが、新兵器の登場です。

 屋外ならドローンでも良いんですが、屋内ならこれの方が効果的です。

 明日からは共同研究者の広島県の方がお越しになります。

 私は朝から東北森林管理局で講演の後、秋田キャンパスに向かいます。


I_0380-v400.jpg

テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

秋田スギ製長大CLTの曲げ試験 8体目

 第8体目です。
 今日は森林総研から、打ち合わせかたがた見学に来られた皆さんの前での試験でした。
 今回は、ほぼ真ん中から破壊しました。だからどうと言うことはありませんが。
 やはりバラツキは小さいですね。


IMG_2810-w480.jpg


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

ここのところの大雪で秋田らしくなってきました

 先日からの大雪で、冬の秋田らしくなってきました。
 木高研入り口のアプローチ、玄関、ラウンジ付近のただ今現在の状況です。


_0372-w400.jpg

_0374-w400.jpg

G_0370-w480.jpg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【講演等 今後の予定】 2017年1月

講演:
①木高研所内セミナー CLTを取り巻く情勢 1月17日(火) 10:00-11:00 木高研会議室

②東北森林管理局 公開講座 構造用木質建材入門 1月18日(水) 10:00-12:00 東北森林管理局2F

③秋田県木材加工推進機構 新しい木質部材等を学ぶ建築講座 変わる木質建材と木造建築 1月21日(土) 13:20-14:50 秋田県青少年交流センター・ユースパル


I_2696-w400.jpg

テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

秋田スギ製長大CLTの曲げ試験 7体目

 本日から、7体目の試験です。これまでとどこが違うかというと、これまでのは5層5プライで、今回から始まるのは7層7プライだということです。つまり、ラミナの厚さが薄くなっています。
 まあ、何か新しいことをやろうとしているわけではなくて、こんな巨大なCLTを実大の大きさで試験するのが、「日本で初めて」というだけのことです。
 なので、公開実験は予定していません。 
 ただ、今日は北羽新報さんが実験の取材に来られました。


G_2721-w480.jpg

テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

森林総研で、同時並行で進めている6mCLTの面内曲げ試験

 木高研で現在行っている試験体と同じロットから取った6mの試験体です。
 体積的には1/4ですが、こうしてみると、かなり小さく感じます。


I_3433-w400.jpg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

ここはどこでしょうというクイズにはなりませんが

 やっぱり、秋田スギというと、みなさん、こういうイメージを持つんでしょうね。

 秋田空港全体の内装イメージもこんな感じ・・・。

 今日はつくばへ。

 詳しくはツイッターで

_0337-w400.jpg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

二ツ井のこんな写真が出てきました

 二ツ井の道の駅ですが、何だかちょっとおかしいと思いませんか?
 資料を調べていたら出てきました。
 佐々木光先生の退官記念会で2002年6月に能代に来たときに撮った写真です。
 能代と合併する前ですね。
 当時はスギの原木が半分以上合板や集成材のラミナに使われるようになるなんて考えられなかった・・・。
 このときはレンタカーで縦貫鉄道沿いに角館まで行って、秋田空港から東京に帰りました。


_6221-w480.jpg


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

【大槌町報告7】 木製自転車置き場

 筋違いの入れ方が・・・。

I_2386-w480.jpg

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

これってどこから見ても、ひょっこりひょうたん島

 五能線に沿って、車で北に海岸線を上がると八森あたりでこんな光景が見えます。
 これって、どこから見ても、ひょっこりひょうたん島だと。
 大槌町の灯台の側にある島よりずっとひょうたん島に近いと思うんですが。
 半世紀以上も前の話ですから、「ひょうたん島」って言っても、分からない人の方が圧倒的に多いでしょうけどね。
 まあ、いずれにしても、冬の秋田の海とはおもえない静けさですね。


I_2701-w480.jpg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

またもや今日の能代港

 今年も暖冬ですかね。

G_2688-w480.jpg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

集成材と破壊形態が違うのは当然なんですが

 日本人的律儀さで、破壊形態と強度特性の関係を追求していくと、なかなか難しい。
 北米的というか、プラグマチックな方法論でしか・・・。
 まあ、小さな所から理論的に積み上げていっても、式にのらないというのは、木材の世界では今に始まったことではありませんからね。


G_2684-w480.jpg

テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

【秋田木材報告86】某外食チェーンのトラス

 下弦材に大きな割れが入っています。まあ、平常なら問題は無いと思いますが、大雪になるとに、接合部から割裂を起こさないかどうか・・・。

IMG_0319-w400.jpg

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

秋田スギ製長大CLTの曲げ試験 2体目の破壊形態

 2体目の破壊形態は1体目のそれとは違ってスパンの真ん中からでした。
 だからといってどうと言うことは無いのですが。

IMG_2679-w480.jpg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

秋田スギ製長大CLTの曲げ試験 一体目の破壊形態

 面内の曲げですから、荷重点下で、まあ、さもありなんといったところですね。

I_237-w480.jpg


テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

例年通り、誉田八幡宮へ

 ちょっと風邪気味でしたが、例年通り、誉田(こんだ)八幡宮へ:
 そこそこの時間になると、初詣の参拝客で大混雑になりますので、朝早くから自転車に乗って行ってきました。
 前方後円墳である応神天皇陵の後円の部分に隣接していますので、グーグルアースでもすぐに分かります。
 さらに近所には私が通っていた中学も見えます。
 由緒があるとかないとかのレベルではなくて、古墳時代の金具と鎌倉時代の神輿が国宝になっているのですが、未だかつて実物を見たことがない・・・。


G_3404-w480.jpg

 去年まであった大和屋根の大きな農家が取り壊されていたので、こんな写真が撮れるようになりました。
 棟は大丈夫そうですが、垂木のクリープがかなり・・・・。3本の控え柱で支えていますが、ちょっと・・・・。


G_3422-w480.jpg

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

CLTの十字継手 初売り大サービスです 

 年頭の初売り大サービスです。

 森林総研でも色々営業してきたんですが・・・。

 凸凹CLTの技術を応用して作ったCLTの十字継手です。

 もちろん金物は使いません。

 どうやって作るのか色々考えてみてください。

 ちょっと難しいです。


IMG_1723-v480.jpg

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

橿原神宮前駅 大晦日の18:00頃の様子

 橿原神宮前駅の様子です。大晦日というか初詣の大混雑はまだ始まっていませんでした。
 この写真の通路はからでは分かりませんが、右側のメインの駅舎は実に素晴らしい木質構造です。
 写真はネットに沢山出ています。

 
IM_0271-w480.jpg
sy

テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

«  | ホーム |  »

プロフィール

林知行 

Author:林知行 
 秋田県立大学
 木材高度加工研究所
 所長(兼)教授(2014/04/01)
 国立研究開発法人 森林総研フェロー

 秋田県立大学木材高度加工研究所に異動しました(2013/08/01)。

 プロでも意外に知らない<木の知識>が学芸出版社から刊行されました。上のアンダーラインをクリックしてもらえれば、学芸出版社のホームページにつながります。目次や著者紹介等はそこから参照できます。直販ページやAmazon等へのリンクもそこにあります(2012年9月15日)。

 依頼や問い合わせに関しては、各ページのコメント欄に書き込んでください。私だけに通じます。記事には全く反映されません。(2013/04/01)

 新しいブログをつくるのではなくて、前著のブログの名前を改称して、新たに内容を付け加えることにしました。(2012/09/01)

 以下は前著「今さら人には聞けない木のはなし」の紹介文です。

 日刊木材新聞紙上の連載で話題を呼んだ「今さら人には聞けない木のはなし」が、一冊の単行本として発売されました。ご注文は直接日刊木材新聞社のホームページからお願いします。簡単に購入できます。定価1575円(税込み)です。
 
 「今さら・・」の目次はここへ

 著書のあとがきに書いてありますように、記事にならないまま私のコンピュータの中に眠っている書きかけの記事やメモなどを、一部分だけですが、「ブログ編」として公表することにしました。
 そんなわけで、本人しか意味が分からないところが多くなるかも知れません。

 2012/01/01追記
 販促という本ブログの当初の目的は達成されましたが、リピーターの方もおられますので、これからもネットに出にくい関連雑情報を掲載します。

 「今さら・・」の販売は一般書店のルートにはのりませんので、ご注文は直接日刊木材新聞社からお願いします。Amazon等でも取り扱っていません。
 なお、もしリンクがつながらない場合は「日刊木材新聞社」で検索をお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
本 (73)
ウソ常識 (55)
樹 (8)
中層木造 (9)
接合 (5)
木材工業 (3)
木材工業の歴史 (6)
木材 (10)
木質材料 (25)
木質構造 (23)
つぶやき (177)
異方性 (1)
絵 (1)
学会 (33)
地震 (14)
お知らせ (145)
報告 (25)
お礼 (14)
実験 (21)
催し物 (30)
用語 (1)
おわび (9)
木の間違い・勘違い (8)
目次 (1)
講義 (17)
全日本二酸化炭素教 (3)
弔報 (3)
森林 (7)
執筆 (20)
構造信頼性 (4)
腐朽 (4)
接着 (1)
講演 (26)
間伐小径材 (2)
秋田木材報告 (96)
高層木造 (3)
古建築 (4)
難燃 (12)
秋田ネタ (84)
10年前シリーズ (5)
木質内装化 (4)
中大規模木造 (3)
CLT (151)
クリープ (4)
ニュース (24)
松風祭 (8)
楽器 (5)
執筆原稿 (8)
おバカな施工 (2)
スギラミナ・活用研究会 (6)
新製品 (1)
記念日 (1)
放送 (7)
木橋 (9)
公募 (2)
謹賀新年 (1)
細胞 (2)
サクラ (1)
マツ (3)
トラブル (2)
木炭 (1)
能代 (8)
七不思議 (1)
大潟村 (1)
会議・委員会 (2)
森林総研 (1)
掲載記事 (2)
震災復興 (6)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR